法的トラブルは弁護士へ

債権や売掛金など、本来であれば契約上双方で解決しなければならない問題でも、その解決が何らかの原因によって難しくなっている場合、私達は弁護士という立場に頼ることができます。私達は本来ある程度自分たちが履行すべき規則や法律を知っています。それに基づいて取引を行っていますし、決められたルールから外れることはありません。

そうすることによって、多くの人と信頼関係を結んでいくことになります。もちろん、それに反した決定をしてしまった場合は、最悪の場合契約を打ち切られる、訴訟を起こされることもあります。私達はそれに関して、例外となることはありません。特に今回取り上げたようなお金の問題が発生した場合、その発生した問題によって失った信頼関係などは、取り戻すことが難しい、そういった非常に難しい問題でもある、と言えます。

弁護士に依頼せずに、債権を回収しようとする方が、確かに相手との関係性は、表面上は損なわれないかもしれません。しかし相手が支払いを行っていないという時点でこちらの信用は崩れていることになりますから、やはり最終的に回収できるということを求めて、弁護士に相談して実行してもらうということは、良い方法であると言えます。

債権、回収できない場合も?

債権回収に関しては、弁護士に依頼することができるなら、より回収できる可能性自体が上がりますが、ただし弁護士に依頼したからと言って十割回収できる、という訳ではありません。どのような場合に回収が不能となるのでしょうか。まず、債権者に『支払い能力がない』という場合です。どれだけこちら側が債権者に対して働き掛けたとしても、そもそも支払う能力が無ければ、どうしようもありません。債権者は最終手段として破産を行うかもしれませんが、そうなってしまうと請求する側は手だてがほぼ無くなってしまいます。ですからその前に、債権を回収できるよう最善を尽くす必要があります。会社の倒産はしているものの破産がまだおこなわれていない場合請求できることがあります。

たとえどのような手段を尽くしたとしても本人が支払う意志を示さないのであればやはり最終的には強制執行ということになりますが、関係性が大きく損なわれたり不必要な費用が掛かることを覚悟しなければなりません。しかし、それでもそういった確かな結果が得られるということは大きなプラスになりますので、回収できない債権に関しては、弁護士に依頼することに大きなメリットがある、そう言えます。

債権回収依頼するメリット

債権が発生した場合、それを回収できないということは大きな損失になりますから、どのような方法を用いても、債権を回収しようとするのは正しいことです。しかし、場合に寄ってはそれを自力で行う事が難しい場合もあります。そういった場合には、やはり債権回収をより確実な方法で行わなければなりません。そこで、弁護士に依頼することによって、『自分で債権回収を行う』よりも、『回収できる可能性』が大幅に向上します。弁護士が後ろ盾になっているということは、少なからず債権者も動かざるを得なくなることが多いからです。

債権の回収に関しては、多くの場合まず、債権者に対して『内容証明』を送付することになります。これは債権者がどのくらいの金額の債権を保有しており、支払いが滞っている、ということなどを通知するものとなります。これに対して反応が無い場合、実際の効力を持つ裁判に発展して行くことがあります。一度債権者を控訴しても、その後の話し合いによって示談、いわば裁判が取り下げられることもありますが、支払いがずっと行われない場合、強制執行と言って、強制的に給与から天引き等の形で債権回収が行われることとなります。この一連の作業を、弁護士に依頼することができます。

債権回収ができないとき?

「債務」という言葉を良く聞くようになったのは、特に債務を背負っている人がそれを解消することのできる仕組み、『債務整理』に関するコマーシャル等が多く流れるようになったからかもしれません。ですから、少しだけ、私達も普段の生活において、『債務』というものの考え方について、学ぶ機会ができた、と言えます。さて、私達はそのように、消費者側―どちらかといえば、いわゆる債務を負う側の立場ですが、それとは正反対の立場、債務を返してもらう方の立場からしてみると、いわば『貸したお金を返してもらっていない』、『その貸した人と連絡が取れない』という状態になります。

そのように債権回収ができない、という事態に陥る可能性があり、それは当然ながら企業にとって損失となります。債権が回収できない理由の一つとして、連絡が取れなかったり、相手に支払い能力がそもそもない場合があります。そういった場合に、自力で債権回収ができないと判断される場合、何らかの方法で債権回収をしなければなりませんが、その方法として挙げられるのが、「債権回収」自体を、弁護士に依頼する、という方法です。

債権回収には、様々な手続きが必要となります。それに加えて、通達や調停、訴訟を行うとなると、費用が掛かります。当然、弁護士に依頼する場合はその+αとなりますが、それでも弁護士に依頼した方が良い理由はいくつか挙げられます、どのような理由が、挙げられるのでしょうか。