債権回収依頼するメリット

債権が発生した場合、それを回収できないということは大きな損失になりますから、どのような方法を用いても、債権を回収しようとするのは正しいことです。しかし、場合に寄ってはそれを自力で行う事が難しい場合もあります。そういった場合には、やはり債権回収をより確実な方法で行わなければなりません。そこで、弁護士に依頼することによって、『自分で債権回収を行う』よりも、『回収できる可能性』が大幅に向上します。弁護士が後ろ盾になっているということは、少なからず債権者も動かざるを得なくなることが多いからです。

債権の回収に関しては、多くの場合まず、債権者に対して『内容証明』を送付することになります。これは債権者がどのくらいの金額の債権を保有しており、支払いが滞っている、ということなどを通知するものとなります。これに対して反応が無い場合、実際の効力を持つ裁判に発展して行くことがあります。一度債権者を控訴しても、その後の話し合いによって示談、いわば裁判が取り下げられることもありますが、支払いがずっと行われない場合、強制執行と言って、強制的に給与から天引き等の形で債権回収が行われることとなります。この一連の作業を、弁護士に依頼することができます。