債権、回収できない場合も?

債権回収に関しては、弁護士に依頼することができるなら、より回収できる可能性自体が上がりますが、ただし弁護士に依頼したからと言って十割回収できる、という訳ではありません。どのような場合に回収が不能となるのでしょうか。まず、債権者に『支払い能力がない』という場合です。どれだけこちら側が債権者に対して働き掛けたとしても、そもそも支払う能力が無ければ、どうしようもありません。債権者は最終手段として破産を行うかもしれませんが、そうなってしまうと請求する側は手だてがほぼ無くなってしまいます。ですからその前に、債権を回収できるよう最善を尽くす必要があります。会社の倒産はしているものの破産がまだおこなわれていない場合請求できることがあります。

たとえどのような手段を尽くしたとしても本人が支払う意志を示さないのであればやはり最終的には強制執行ということになりますが、関係性が大きく損なわれたり不必要な費用が掛かることを覚悟しなければなりません。しかし、それでもそういった確かな結果が得られるということは大きなプラスになりますので、回収できない債権に関しては、弁護士に依頼することに大きなメリットがある、そう言えます。