法的トラブルは弁護士へ

債権や売掛金など、本来であれば契約上双方で解決しなければならない問題でも、その解決が何らかの原因によって難しくなっている場合、私達は弁護士という立場に頼ることができます。私達は本来ある程度自分たちが履行すべき規則や法律を知っています。それに基づいて取引を行っていますし、決められたルールから外れることはありません。

そうすることによって、多くの人と信頼関係を結んでいくことになります。もちろん、それに反した決定をしてしまった場合は、最悪の場合契約を打ち切られる、訴訟を起こされることもあります。私達はそれに関して、例外となることはありません。特に今回取り上げたようなお金の問題が発生した場合、その発生した問題によって失った信頼関係などは、取り戻すことが難しい、そういった非常に難しい問題でもある、と言えます。

弁護士に依頼せずに、債権を回収しようとする方が、確かに相手との関係性は、表面上は損なわれないかもしれません。しかし相手が支払いを行っていないという時点でこちらの信用は崩れていることになりますから、やはり最終的に回収できるということを求めて、弁護士に相談して実行してもらうということは、良い方法であると言えます。